テレワークのデメリット 働き方の視点から

投稿者: |

令和時代そしてコロナ時代の新しい働き方改革の一貫として注目されているのが、テレワークです。テレワークは子育てや介護中の人、働く女性、国内や海外関係なく、また場所にとらわれることなく会社で行っている仕事をすればいいのです。他にも公共交通機関での混雑ラッシュに満員電車に乗らなくて済むなどこうしたメリットを持っているテレワークですが、メリットがあれば当然デメリットもあります。ここでは、従業員側から見たテレワークに関するデメリットについて説明していきます。働き手側からの視点から見たテレワークのでメリットは、「自分で時間の管理が必要」、「IT端末の仕事に限定される」、「運動不足になりやすい」といったことが挙げられています。好きなときに好きな場所でというキャッチフレーズが働き手側を悩ましているといっても過言ではありません。まず、自分で時間の管理をしなければならないという悩みですが、自宅でも仕事ができるということは早朝でも深夜でも24時間仕事をすることが可能であるということですが、自由というのは逆に実際の行動に移す際にどうしていいかわからないなどの悩みの要因になってしまいます。自宅でできるからと昼の時間帯まで寝ていてそれだけでも仕事が遅れていき、仕事を詰め込みすぎた結果、結局は仕事を詰め込みすぎて長時間労働になってしまう傾向にあります。1番いい方法は、出社時と同様の時間に起きて、会社で仕事をしている通りにすることです。そうすることで昼夜逆転の生活を防ぐことが可能です。次に、これは50代前後の社員に起きやすい悩みですがIT端末の仕事に限定されることです。実際にヘッドホンやWebカメラをこの時点ではじめて購入する人が増えているのです。若い社員同様すべての仕事に対応できないと考える必要はありません。資料作成やメールの返信など簡単にできる作業もテレワークに含まれます。テレワークでやれることを探して効率よく仕事世することが大切です。最後に、これは健康に気を付けている人の悩みかもしれませんが、運動不足になりやすいということがあります。公共交通機関での通勤により歩いている時間が長く、それを運動の一環としてとらえている社員も大勢いますが、通勤がないことやパソコンに向かっていることは変わらなくても、通勤時間を利用した運動ができないと運送不足になりやすい傾向にあります。自宅で、スマートフォンアプリなどを使用してエクササイズをしたり、買い物に出掛けた際に歩くのも立派な運動です。できるだけ体を動かすことを心がけるとよいです。